金吾龍神社

お申込・お問合わせ

ご祈祷・厄除け

人生儀礼

人生儀礼とは、人の生涯における数々の神事儀式のことで、大切な通過儀礼です。
人生の節目や転換期には、神様への祈りと感謝を捧げ、幸せな日々を過ごさせて頂きましょう。

人生儀礼の早見表

安産祈願 赤ちゃんが健康で無事に出産できますよう、妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に安産祈願をします。
命名奉告 生後7日目の夜(お七夜)に命名書を神棚にお供えし、神様にご奉告し、親戚や縁者にお披露目します。
※ご希望により命名(名付け)、姓名判断も承ります。
初宮参り 赤ちゃんの誕生から30日以降の吉日に参拝し、お子様の成長とご加護を祈ります。
七五三お参り 3歳・5歳の男児、3歳・7歳の女児の成長に感謝し、今後のご守護を祈願します。
入学卒業祝い 学校への入学・卒業に際して感謝の奉告をして、学業成就を祈願します。
成人式 満20歳の新成人としての自覚を深め、神恩に感謝し、社会への貢献を誓います。
結婚式 夫婦が結ばれた神恩に感謝し、幸福な家庭を築くことを誓います。
また、節目の結婚記念日には感謝奉告をし、さらなる夫婦円満を決意します。
錫婚式(10年目)、銅婚式(15年目)、銀婚式(25年目)、珊瑚婚式(35年目)、金婚式(50年目)など。
厄除け(厄祓い) 厄年には、災難に遭わないように厄除けを行います。
長寿祝い 還暦(61歳)は干支が満60年で元に戻る「人生2回目の誕生日」ともいわれ、感謝参拝をしてさらなる長寿を祈願します。
古稀(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)ごとに年祝いをします。
神葬祭(葬儀) 近年は仏教・檀家離れも進み、日本古来の神道でお葬式を望む方も増えています。
また、神道本来の自然葬・散骨も行っております。

ご祈願

金吾龍神社では、各種ご祈願・ご祈祷を斎行しております。
現在、東京分祠にて予約制にて行っている他、郵送祈願にて日本全国から随時承っております。
どの願意に該当するのかわからなくても、ご相談いただければ、ご希望に応じてご祈祷いたします。

個人の主な願意

病気平癒 身体健康 災難消除
開運招福 交通安全 家内安全
良縁祈願 子宝祈願 安産祈願
発育増進 学業成就 合格祈願
就職祈願 立身出世 芸能上達
選挙当選 必勝祈願 心願成就
奉告 神恩感謝 報賽

企業・団体の主な願意

商売繁盛 事業繁栄 社運隆昌
交通安全 職場安全 目標達成
国家安泰 神恩感謝 報賽

厄除け

厄年は、心身の病気や災厄が起こりやすい年として、昔から忌み慎ましれてきました。
特に男性の42歳、女性の33歳は「大厄」といわれ、最も気をつけなければならない年とされています。
なお、年齢は「数え年」で見ます。これは、生まれた時点を1歳とし、正月を迎える度に1歳加えて行きます。これは、正月に各家を訪れる年神様から1つ年を頂くという意味があります。
厄年は人生の転換期であることを自覚し、今後の人生を無事安泰に過ごせるように、お祓い(厄祓い)を受け、無病息災を祈願するのが「厄除け祈願」です。

              
厄年早見表(平成30年)数え年で表記
後厄本厄前厄
男の大厄42 昭和51年昭和52年昭和53年
女の小厄37 昭和56年昭和57年昭和58年
女の大厄33 昭和60年昭和61年昭和62年
25歳の厄年 平成 5年平成 6年平成 7年
19歳の厄年 平成11年平成12年平成13年
幼児 4歳の厄年 平成26年平成27年平成28年
男女61歳の厄年 昭和31年昭和32年昭和33年
男女13歳詣り 平成18年
方位による「八方塞がり」の厄年(男女共通)
男女82
(昭和12年)
男女73
(昭和21年)
男女64
(昭和30年)
男女55
(昭和39年)
男女46
(昭和48年)
男女37
(昭和57年)
男女28
(平成 3年)
男女19
(平成12年)
男女10
(平成21年)

八方塞がりの年とは、生まれた年の星の巡り(九星)により、九年に一度、自分の生まれ星のまわりを塞がれるため、移転・転職等の新しい動きがあることは特に慎重にすることが望ましい年です。
その星の巡りが中央に位置する年齢は、古来より「八方塞がりの厄年」とされ、厄除け(八方除け)が必要な年になります。
今年は「九紫火星(きゅうしかせい)」の方が厄除け(八方除け)が必要な八方塞がりの厄年に当ります。

ご供養

各種ご供養を承っております。

おたき上げ 大切にされてきた人形や愛用品、思い出の品、神具・仏具、遺品など、処分にお困りの品物をお祓い供養してお焚き上げいたします。
(例)
神棚、しめ縄、お札・お守り、仏壇、仏像、位牌、経典類、縁起物、ヒーリンググッズ、占い用品、パワーストーン、宝石、アクセサリー、衣服、印鑑、表札、雛人形・五月人形、各種人形、ぬいぐるみ、剥製、写真、手紙、絵画、掛け軸など。
どのようなものでも、ご相談ください。日本全国対応。
先祖供養 神道では祖霊祭・御霊祀りといい、ご先祖様の安鎮とご加護を祈ります。
水子供養 流産、死産・妊娠中絶、堕胎で亡くなったお子さまの霊をご供養します。
除霊・浄霊 災難や不幸現象、霊障を引き起こしている邪霊・悪霊や憑依霊を鎮めます。

ご祈祷をご希望の方

ご祈祷(ご祈願・厄除け・ご供養)は、ご来社して昇殿参拝して頂く方法と、ご来社せずに郵送祈願する方法があります。
ご来社によるご祈祷は、東京分祠にて「予約制」にて行っております。
なお、郵送授与は年中無休でいつでもお申込みできます。日本全国対応です。

お申込方法

●インターネットから
こちらの「Web授与所」から、ご希望内容(願意、ご祈祷料)をお申込みください。
●お電話から
電話:03-5308-3231
受付時間:10時~17時

ご祈祷料について

お願いごと一件につき、10,000円から承ります。
また、願い事の大きさや思いの強さに応じて、大御祈祷、特別御祈祷をお選びできます。

ご祈祷料
(個人)
●御祈祷:10,000円(当日のみご祈祷)
●大御祈祷:30,000円(三日間ご祈祷
●特別御祈祷:50,000円(五日間ご祈祷
神職が連日ご祈祷を継続して、大いなる御神力を御祈願いたします。
※企業・団体様のご祈祷料は、別途お問い合わせください。
おたき上げ おたき上げしたい品物を箱に入れてください。
箱の大きさによってご祈祷料が変わります。
●縦+横+高さが100cmまでの箱:10,000円
●縦+横+高さが150cmまでの箱:20,000円
●縦+横+高さが150cm以上の箱:応相談
※おたき上げは、必ず事前にお申込をしてください。

授与品のお渡し

御祈祷の終了後に、授与品(御神札やお守りなど)をお渡しいたします。
郵送祈願の方には、ご入金確認後に授与品をご郵送いたします。別途、郵送料(一律:500円)が必要です。
※おたき上げの場合は、特に授与品はございません。

↑ PAGE TOP