金吾龍神社

お申込・お問合わせ

神社再建のご寄付、復興支援のお願い

小樽本社の拝殿・鳥居が被災

拝殿 鳥居

金吾龍神社の再建・復興をご支援ください

日頃より金吾龍神社に特段の御崇敬を賜り厚く御礼申し上げます。

金吾龍神社は、およそ5,000年前の縄文時代の祭祀場に御鎮座される歴史の古い神社で、太古の龍神様をお祀りしています。 広大無辺なる御神威を垂れ給う大神様の鎮まる御社殿は、今より200年前、真心こもる御浄財により建てられました。
その後も、皆様の温かい御奉賛をいただきながら補修・整備を繰り返し、現在の御社殿は昭和44年に大改築され、長年の風雪に耐えて参りました。
しかしながら、近年は老朽化が著しくなっていたところ、平成27年11月の台風とこれに続く大雪の影響により、拝殿の屋根が崩落し、倒木によって鳥居が破壊される等の甚大な被害を蒙ってしまった次第でございます。
奇跡的に奥宮だけは被災の難を逃れたものの、拝殿並びにご神宝、神具等を失いましたことは、当神社にとりまして痛惜の極みでございます。
近隣住民の方はもちろん、全国のご崇敬くださる皆様方に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

数千年におよび連綿と続いてきた崇敬の灯を消すわけにはまいりません。
再び、御神威を広めるためにも一日も早い復興を決意いたしました。
しかしながら、再建事業は多額の費用がかかるため、当神社のみで成し遂げられるものではございません。
つきましては、広くご奉賛(寄付)を募らせていただきたく、ここにお願い申し上げます。

現下経済事情の芳しくない時期、誠に恐縮ではありますが皆様におかれましてはこの窮状をご覧察いただき、再建に向け特段のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

再建へ向け、ご寄付のお願い

ご寄付のご協力をいただけます場合には、誠に恐れ入りますが、金吾龍神社・東京分祠まで御一報くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

ご注意 寄付勧誘は行っておりません。
金吾龍神社では、郵便・電話・訪問等の寄付勧誘は一切行っておりません。
当神社再建を装った違法行為には充分ご注意ください。
再建計画の概要 (1)小樽本社・拝殿再建工事
(2)境内地整備工事
寄付先 ご協力をいただける方は下記の口座にお振込いただいた後、当ホームページのお問い合わせフォームより必要事項・寄付金額をご入力いただいて送信してください。
(ご寄付記念の証を作成する予定です。)

三菱東京UFJ銀行 東中野支店
(普通)0159943
(名義)アイノヒカリ
お問い合わせ 金吾龍神社・東京分祠
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-26-5-5階
電話:03-5308-3231

鳥居奉納のお願い

小樽本社・拝殿の再建にあたり、「鳥居」のご奉賛を賜りたくお願い申し上げます。

鳥居奉納のお願い

募集総額:600万円
募集口数:2,000口
1口 3,000円から御寄進をお願いいたします。
ご協力いただける方は、メールフォームまたは東京分祠までご連絡ください。御祈願内容を添えて奉納させて頂きます。

↑ PAGE TOP